top of page

「資料を送ってください」は断れ(動画編)

営業活動を行っていると、「資料を送ってください」と言われることがあります。

特に対面ではなくテレアポやメールでアプローチしたケースです。ですが、これは要注意です。そこで今日は、資料を送ってくださいの真意をわかりやすく解説します。



ここ2年以上、コロナ禍で訪問しての営業や対面での営業が難しい場合も多々あります。

そんな時、有効なのが「テレアポ」や「メール」などを使った非接触型の営業です。たとえば、電話でオンライン商談のアポイントを取得しようとしました。



そのほとんどは、断られるのがオチです。

ところが中には、「資料を送ってください」とリクエストされることがあります。前向きに検討しようという人もいますが、そのほとんどは、体のいい断り文句です。



なぜならば、「資料を送ってほしい」と伝えれば、わざわざ時間を使って商談をしなくて済みます。つまり、商談はしませんという体のいい断り文句なのです。



ところが、売り手のほうは「資料を送ってください」と言われると、興味があるものだと勘違いしてしまいます…。現実は興味のある人などいません。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

コロナ禍でオンラインコミュニケーションは、ごく一般的になりましたが、いまだにオンラインでは伝わらないと言っている人がいます。そこで今日は、オンラインで伝える技術をわかりやすく解説します。 最近つくづく思うことは、リアルコミュニケーションが一番伝わることは確かだということです。しかし、いまだにオンラインは伝わらないということを前提にコミュニケーションしている人がいるという事実です。時代は変わりました

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page