top of page

「AI」vs「人間」、勝者はどちらだ?(動画編)

最新のAI動向を調査すると、人よりもAIの方が人間らしいというような研究が明らかになってきた。人間にとっては不都合な真実だ。そこで今日は「AI」vs「人間」についてわかりやすく解説する。



アメリカの金融機関ゴールドマン・サックスが発表した調査結果によれば、「3億人分のフルタイムの雇用が自動化される可能性がある」と指摘している。以前にも本誌で紹介したが、世界の就業者数は約33億人。つまり、3億人は就業者数の約10%に

相当する。侮ってはいけないのは、これは現時点の推測であって、1年後、36年後、5年後になればAIで自動化される仕事は格段に増えている可能性が大だ。



しかし、私たち人類は、AIでは不可能だと言われている「人間らしさ」という水戸黄門の印籠のような武器を持っている。



そもそも、人間らしさとは何なのだろうか?ここではAIとの対比で考えてみる。 AIには、私たちの表情や話し方、態度などを分析して、「今日の気分はどうかな?」とか、「今日は元気がなさそうだな」という情報を分析して、それに対応する力はないと言われている。いわゆる「空気を読めない」のだ。私たち人類には、このような能力が備わっている。だから、「ホスピタリティ」や「顧客との心地よい接客」などが成立するのだろう。これに関して異を唱える人はいないだろう。

ところがである…。



続きはYouTubeチャンネル「社長大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:4回

Comentarios


bottom of page