top of page

あなたの話を聞きたい人が急増?(動画編)

話の上手い人は聴衆を引き込む話術を知っている。

一方、話の下手な人は聴衆不在の独りよがりの話をする。そこで今日は、あなたの話を聞きたいという人が急増する方法をわかりやすく解説する。



コンサルタントという商売は、話をするという一面がある。

どんなに素晴らしいアドバイスができても、どんなに画期的な戦略を考えても、それを伝える術がなければアドバイスも戦略も意味のないものになる。それだけ伝える力は重要なのだ。ここで役立つのがマーケティングだ。



マーケティングとは、相手に「あなたに興味があります」と手を挙げてもらうスキルだ。

私は中小企業ほどマーケティングに力を入れるべきだと20年前から主張している。しかし、中小企業でマーケティングに長けている会社は数社しか知らない。これが現実だ。



あなたの話を聞きたいという人を増やすには映画のテレビCMが参考になる。

最近は少なくなったが、数年前まで映画の予告編をテレビCMで頻繁に流していた。映画の予告編は、実際の映画のストーリー順で映像を組み合わせてはいない。むしろ、順番はバラバラ、映像とセリフもまったく一致していないものも多い。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page