あらゆる業態が商品開発をする時代!(動画編)

更新日:2020年4月11日

商品開発といえば、メーカーがやるものだと思っている人も多いでしょうが、小売業などもプライベートブランドを持つようになりました。 その代表的なものがセブンイレブンを始めとするコンビニエンスストアでしょう。 そして、イオンなどの大手スーパーマーケットもプライベートブランドを多数持っています。 コンビニではプライベートブランドの中から数々のヒット商品が登場しました。 たとえば、セブンイレブンでは「金のシリーズ」というオリジナル食品があります。 これは、レトルトハンバーグなどがあります。 随分前になりますが、金の食パンは話題になりました。 また、3Dプリンターの登場で、比較的容易に造形物も作成できるようになりました。 製造量の少ない部品などは3Dプリンタで製造しているものも登場しています。 今までは、モノを製造しようと思ったら、金型と呼ばれるものが必要でした。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。  https://www.linkagemic.com/mailmagazine ●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。  https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の