ありがとうございます!Youtube2500投稿達成!

先日、YouTubeを始めて7年10ヶ月で、アップロードした動画が2500本を超えました。

ほぼ毎日、動画をアップしていましたが、ここまで継続できるとは思ってもいませんでした。



YouTubeを始めた動機は2つあります。

ひとつは、話し方の練習になると思ったからです。

そして、もうひとつは、これからは動画の時代になるという予感があったので、いち早く動画による情報発信を行いました。



結果的に、この2つの動機のほかに、数多くのメリットを享受しました。



まずは、私にセミナーや講演を依頼しようと検討している主催者が、私の動画を見て判断材料のひとつにしてくれることです。

さすがに2500本以上の動画をアップしていると、それだけで信用に繋がるということがわかりました。

数の論理というのは、非常にわかりやすいのです。



たとえば、YouTubeで動画を

10本アップしているセミナー講師と、1000本アップしているセミナー講師では、当然のことながら1000本アップしている講師の方の評価が高いでしょう。

よく、「量より質」と言いますが、なんだかんだと言っても、やはり量で判断する人の方が

多いですし簡単です。



私のアップしている動画は2種類あります。

ひとつは、弊社で発行している月刊誌「商いは門門」の記事を音読しているものです。

もうひとつは、私がアドリブで話をしているものです。



どちらが良い悪いということではないのですが、どちらにも難しさがあります。

決められた台本があって、一字一句間違わずに読むのは容易ではありません。

時間にして約4分半~5分なのですが、必ず2~3ヶ所噛んでしまいます。

これは、大きな課題です。

事前に練習をしているわけではないので、間違ってもしょうがないと言ってしまえばそれまでですが、ぶっつけ本番でも間違わずに話すことができたら凄いと思います。



一方、アドリブで話をする時は、話す前にテーマを決めておきます。

ですが、話の内容はまったく白紙状態で動画撮影に臨んでいます。

悪くいえば行き当たりばったりなのですが、話しながら次の展開を考えていますので、非常に神経を使います。

ですが、アドリブで話ができるということは、コンサルタントやセミナー講師にとっては

必須の能力だと実感しています。



テーマだけ決めて、アドリブで4~5分の話をするのはことのほか難しいのですが、慣れてくるとそれほど苦にならずにできるようになります。



経営者は人前で話をする機会も多いですし、会合などで話をしてくれと突然指名されることもあります。 そんな時のために、アドリブで話をする練習をしておくと良いでしょう。



そんなこと言われても、「経営者は話をするのが本職ではないので勘弁してくれ」という人もいるでしょう。

ですが、経営者自身の考えを従業員に伝えることができなくては、組織がひとつにまとまることは絶対にありません。



伝える手段は2つあります。

ひとつは口頭で伝えること。

もうひとつは文章で伝えることです。



文章よりも、やはり口頭で伝えた方がより伝わるでしょう。

理由は、話に抑揚もありますし、なんと言っても表情があることで説得力が増します。

真剣さを伝えるには、やはり口頭です。



このように考えると、経営者は経営計画や戦略を考えるのがメインの仕事ですが、いかにしてそれを従業員全員に伝えるのかが重要です。

ですから、伝え方が下手な経営者では、組織が思ったように機能しないでしょう。 



経営者の皆さん、この機会に伝え方の勉強をしませんか? ●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する

 株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


最新記事

すべて表示

利用していないのに…支払っているという事実!(動画編)

「サブスク」という言われる取引形態が注目されるようになって数年が経ちます。 サブスクとは「サブスクリプションサービスの略で、「定額料金を支払うことで、スポット購入よりもお得なサービスが受けられることを保証するサービス」のことを言います。 本来、「予約購読」や「年間購読」という意味があるそうです。 ある意味、新聞なども一種のサブスクリプションサービスと捉えることができます。 昔からある身近な取引形態

オンライン営業、成功のポイントとは?(動画編)

この記事を書いている5月20日の現状を紹介します。 あくまでも、営業パーソンが何人かいる企業を想定していますが、今までのアナログ営業ができずに苦しんでいる企業がほとんどです。 アナログ営業とは、見込客や既存客を訪問して対面での営業活動です。 通常、営業活動といえば、これを思い出す人が多いことでしょう。 営業活動の王道ですから…。 ですが、新型コロナウイルスの影響が数ヶ月にも及ぶと、「訪問数が激減し

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン