お金をかけずに効果を期待できる方法!(動画編)

最終更新: 2020年2月5日

テレビ、新聞、ネット、雑誌などのメディアで取り上げられるのは、派手なものばかりです。 地味なものを取り上げても絵にならないというか、物語としておもしろくありません。 つまり、そんなものは、わざわざメディアで取り上げる必要がないということなのです。


ある男性が、大学を卒業して就職しました。 主任、係長、課長、部長と順調に出世して、退職間近に新規事業を軌道に乗せました。 この仕事が彼の会社員人生の集大成となりました。 このようなありふれた話は、あまりに順調過ぎて誰も感動しません。


ですが、三浪してやっと入学した大学を大病したために7年かかって卒業しました。 就職試験を30社受けて、すべて不合格。

しかたなく、地方の中小企業に就職しましたがわずか2年で倒産。 子どもが生まれたばかりだというのに無職になってしまいました。 ある日、ハローワークで就職先を探していると、偶然、かつての取引先の社長とバッタリ。 「うちの会社に来ないか」の一言で就職を決めました。

後者のような波乱万丈の人生の方が・・・

続きは動画をご覧ください。

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する    株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。    https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。      https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と