お金儲けの天才ピカソ(動画編)

芸術家と世界的な名声を得た「パブロ・ピカソ」。

ピカソは巨万の富を築きました。遺産は7500億円とも言われています。

芸術家=貧乏とうイメージがありますが、ピカソはこれに当てはまりません。



そこで今日は、なぜピカソが巨万の富を築けたのかをわかりやすく解説します。



ピカソが生涯で残した作品は、およそ1万3500点の油絵と素描、

10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、

最も多作な美術家と言われています。



1973年に91歳で亡くなりましたが、複数の住居、

シャトー(ブドウ畑を所有し、栽培、醸造、瓶詰までのワインの製造を行う生産者)、

莫大な現金を遺産として残しました。

とても、美術家だとは思えません。

ピカソは、作品創作だけに注力しただけでなく、

お金の本質をよく理解していました。



たとえば、ピカソは新しい作品を描くと、そのまま画商に売ることはしませんでした。

必ず、新作が完成したことを贔屓にしている画商数十人に連絡して、

画商を集めて個展を開きました。

そして、自分が描いた絵にどのような意図や目的があり、

その背景にはどのような物語があり、

描くに当たってどんな点に苦労したのかということを丁寧に説明しました。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

4回の閲覧