たぶん斜陽産業である○○業界の未来は?(動画編)

最終更新: 2020年2月5日

私は13歳の時、エドウィンというジーンズメーカーのテレビCMで使われていたビートルズの「シー・ラブズ・ユー」という曲を聞いてカルチャーショックを受けました。

それがきっかけで、ギターを始めてプロミュージシャンを目指すことになりました。

それまで、音楽は大嫌いだったので、人間変われば変わるものです。


なぜ音楽が嫌いだったのかといえば、音楽の授業で人前でリコーダーやハーモニカの演奏をやらされるからです。

極めつけは、人前で歌を歌わされることです。


当時の私は赤面症が激しく、人前で何かするのが恐怖でした。

ですから、授業中は先生にかけられないように、なるべく下を向いて先生と目が合わないようにおとなしくしていました。


今となっては、そんな話しを信じてくれる人はいませんが…。


19歳で東京にある音楽スクールに入学しましたが、プロミュージシャンになるのを諦めたのは23歳の時です。

東京には、全国からプロを目指す強者が集まってきます。

私の実力では、どうしようもないということがわかりました。


続きは動画をご覧ください。

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。    https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。  https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と