たぶん斜陽産業である○○業界の未来は?(動画編)

最終更新: 2月5日

私は13歳の時、エドウィンというジーンズメーカーのテレビCMで使われていたビートルズの「シー・ラブズ・ユー」という曲を聞いてカルチャーショックを受けました。

それがきっかけで、ギターを始めてプロミュージシャンを目指すことになりました。

それまで、音楽は大嫌いだったので、人間変われば変わるものです。


なぜ音楽が嫌いだったのかといえば、音楽の授業で人前でリコーダーやハーモニカの演奏をやらされるからです。

極めつけは、人前で歌を歌わされることです。


当時の私は赤面症が激しく、人前で何かするのが恐怖でした。

ですから、授業中は先生にかけられないように、なるべく下を向いて先生と目が合わないようにおとなしくしていました。


今となっては、そんな話しを信じてくれる人はいませんが…。


19歳で東京にある音楽スクールに入学しましたが、プロミュージシャンになるのを諦めたのは23歳の時です。

東京には、全国からプロを目指す強者が集まってきます。

私の実力では、どうしようもないということがわかりました。


続きは動画をご覧ください。

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。    https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。  https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

凡人が経営センスを高める簡単な方法とは?(動画編)

世の中には、「商品開発のアイデアがポンポン出てくる人」「経営課題の解決策をあっという間に考える人」など、発想力の豊かな人がいます。 発想力とは、持って生まれた才能なのか、それとも後天的に獲得したスキルなのか? そこで今日は、どうしたら発想力が豊かになるのかをわかりやすく解説します。 世の中を見渡すと、素晴らしい発想でイノベーションを起こす人がいます。 Apple社の創業者「ステーブ・ジョブズ」

大ヒット商品は顧客を無視している!?(動画編)

顧客の声を聞いて開発した商品は、売れるでしょうか? そういった商品もあるでしょうが、大ヒットする商品は、顧客の声など聞いていないものが多いのが現実です。 そこで今日は、大ヒット商品の創り方をわかりやすく解説します。 商品開発には、2種類の考え方があります。 ひとつは、市場にある既存商品の改善=マイナーチェンジです。もうひとつは、市場にないまったく新しい商品の開発です。 もちろん、後者の方が難易度は

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン