top of page

たまには心温まる話を!タモリの恩返し(動画編)

誰しもが子どもの頃、「鶴の恩返し」という民話を聞かされたことがあると思う。

心温まる話だが民話だから実話ではない。そこで今日は、恩返しについてわかりやすく解説する。



鶴の恩返しは一般に、「翁が罠にかかった鶴を助け、その鶴が人間の女性に姿を変えて翁とその妻に恩を返す」という筋立てが知られている。類似する話は日本各地で報告されている。ただし、いろいろなパターンがあり、「鶴を助けた人物が翁ではなく若者」「その若者と人間に化けた鶴が世帯を持つ異類婚姻譚」「老夫婦ではなくて、老爺の一人暮らし」「鶴は買ってきた糸でなく、自分の羽毛で機を織り、そのせいで日に日に痩せ細る娘を見かね、怪訝に思った翁が、機織りの部屋を覗く」「娘が鶴に戻り若者の元を去った後、若者は自分の行いを悔やんで僧となる」など、諸説ある。



鶴の恩返しは民話ではあるが、当然、人間の世界にも恩返しはある。

恩返しとは「受けた恩に報いること、報恩」である。その一方で、「恩を仇で返す」という諺がある。意味は、「施しや慈しみ(=恩義)を受けた相手に対して恩返しせず、逆に相手を害するようなこと(=仇)を与える様子を指す。」とある。



これも人間の世界にはよくあることだ。

恩というのは数値化できるものではないので、恩を施した人と恩を受けた人の間には温度差がある。一方が恩だと思っていても、もう一方は恩だとは思っていないことも起こりうる。



恩返しで思い出すのが、タモリと赤塚不二夫の関係だ。

ご存知の通り、タモリは人気タレント、赤塚不二夫は人気漫画家だった。タモリは赤塚不二夫が育てたと言っても過言ではない。このようなエピソードが残っている。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page