どうした日本人…仕事に対する意識が低い!(動画編)

最終更新: 2020年3月28日

「日本人は勤勉だ」と言われたのは、もう過去の話です。

勤勉には変わりないのかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?

50歳以上の人の中には、いまだに高度成長期神話を引きずっている人もいます。

高度成長期神話とは、人類史上稀に見る急成長遂げた日本経済=日本人は凄いという感覚です。



急成長を遂げたのは事実なのですが、当時の日本は人口が急増しており、その結果、様々な市場が拡大して急成長を遂げたのだから、当たり前だという説も登場しました。



ここ10年ほど、世界各国の人と日本人の仕事に対する意識の違いを調査したデータを見る機会が多くなりました。

先日も、パーソル総合研究所が発表した、日本を含むアジア太平洋地域14の国と地域における就業実態と成長意識についての調査を読みました。



対象となった国は、中国、韓国、台湾、香港、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナム、インド、オーストラリア、ニュージーランド、日本の主要都市の人です。



この調査によれば、たとえば「上昇志向」について、現在、非管理職である人に聞いたところ、日本は管理職になりたい人の割合が21.4%で、14の国と地域の中で最も低かったのです。

逆に考えれば、日本では積極的な管理職志向がない人は78.6%にものぼります。

また、会社で出世したいと答えた日本人は、5段階尺度の平均値で見ると2.9で、出世意欲も最も低い国という結果になりました。

さらに、衝撃的な調査報告は続きます。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

5回の閲覧