どのような会社に勤めたら幸せになれるのか?(動画編)

会社を辞める理由は人それぞれです。

「人間関係」「待遇」「福利厚生」「キャリアデザイン」など、 様々な理由で転職をします。 そこで今日は、どのような会社に勤めたら幸せになれるのかをわかりやすく解説します。



会社に勤めるということは、仕事をするということです。 仕事という言葉は、あまりにもありふれていて正確な意味を知る人は少ないのが現実です。

仕事の意味を調べると「何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。」とあります。つまり、目的や目標があり、それを実現するためのプロセスを仕事といいます。 ですから、目的や目標がないもの=仕事とは言いません。 また、目的や目標があれば、それを達成した時は大きな充実感や喜びを感じることができます。



このような視点で仕事を捉え直すと、簡単にできそうな仕事では、大きな達成感や継続的な喜びを得るのが難しいことがわかります。 ですから、努力や工夫をしなければできないとか、少し難しい仕事を選ぶことが ポイントです。

さらに、長期的に渡り、チャレンジしがいがあるような仕事の深みと広がりがある企業が理想的です。 これが、仕事のやりがいにつながります。



若い人は給料というよりも、やりがいや自己肯定感を求める傾向にありますので、

企業側はそのことを充分考慮した上で、仕事の設計をする必要があります。

ものすごく単調な仕事であっても、そこに目的や目標を創造して、仕事の深みや広がり、

やりがいを感じるようにすることが経営者としては必須です。



さて、転職をする人の調査報告を見ると「人間関係」が原因で転職をする人が多いことが

わかります。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

3回の閲覧