なぜ既存顧客は他社に浮気をするのか?(動画編)

営業や販売活動で脚光を浴びるのは、新規顧客の獲得です。

新規顧客獲得は華やかで派手ですから、

営業パーソンであれば新規開拓をやりたいという人は多いでしょう。

その一方で、地味ですが経営の視点から重要なことがあります。

それは、既存顧客の維持です。



そこで今日は、既存顧客の維持についてわかりやすく解説します。



ここ数年、サブスクが流行っています。

また、健康食品や化粧品などでは、スポット購入より定期購入が当たり前の時代です。

私もシャンプーを通販で定期購入しています。

サブスクや定期購入の肝となるのは、既存顧客の維持です。

言い方を変えれば、いかにして解約をさせないかということです。

ここを解決できれば、経営は非常に安定します。



先日、「なぜ顧客は他社に浮気をするのか?」という記事をnoteにアップしました。

そして、Twitterにも投稿したところ…、

インプレッション1064、

エンゲージメント総数32、

いいね14、

リツイート3、

コメント1でした。



私のTwitterへの投稿としてはいい結果です。

多くの人に見られたということです。

私の感想は、既存顧客の維持、既存顧客の流出防止は、

興味あるテーマであることがわかりました。



そもそも効率的に営業を行うには、既存顧客にリピートを促すのが一番です。

これをやらずして、新規顧客ばかりを追っかけるのは、

お金がかかるし、時間もかかります。

なぜ、既存顧客がリピートしないかを探ると9つの理由があります。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の