なぜ部下は期待に応えてくれないのか?

上司になった経験がある人ならば、部下に対して「何でできないんだ!」 と感じたことがあると思います。

部下育成に一生懸命な上司であればある程、そう感じるのかもしれません。

つまり、私がこれだけ育成に必死なのに、なぜ応えてくれないという心理です。



そこで今日は、上司と部下のボタンの掛け違いについてわかりやすく解説します。



冒頭紹介したような事例は、日常茶飯です。

上司と部下だけでなく、親と子ども、部活の先輩と後輩、友達などの間でも起こります。

では、なぜこのようなボタンの掛け違いが起こるのでしょうか?

それは、勝手に期待するからです。



たとえば、上司が部下に仕事のスキルを教えました。

かなり高度なスキルだったので、時間をかけてじっくりと教えました。

つまり、部下に手をかけたということです。

そうなると、上司の部下に対する期待値は高くなります。

これが、勝手な期待です。

部下にしてみれば、勝手な期待をされても困るということです。



=======================

「このくらいはやってくれるはず」

「このくらいはできるはず」

「このくらいは許してくれるはず」

「こんなことはしないはず」

「このくらいはわかっているはず」

=======================

という気持ちです。


立場が上の人がこのような気持ちを抱くと、人間関係が悪くなります。

ですから、部下に対して勝手な期待をしない方が得策です。

得策というより、勝手な期待してはいけないということです。

ポイントは「勝手な」というところです。



参考までに期待とは、

「あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。

 当てにして心待ちにすること。」です。

つまり、「きっとやってくれるはずだ」と、当てにするということです。



ですが、部下が上司の期待を知らなければ、上司の期待に応えられません。

よく考えてみれば、部下に勝手に期待をして、期待に応えないからといって、

不満を持つ上司は自分勝手の何者でもありません。

ここに気づくと解決策が見えてきます。



まず、上司は部下に何を期待していのか、何を望んでいるのかを伝えます。

ここからスタートです。

そうすれば、部下も上司の期待に対する意見や要望があります。

=============================

「それはできないが、こうならばできる」

「今の私には、レベルが高過ぎる」

「もっとハードルを上げてください」

「まだそれはできないので、教えてほしい」

=============================



部下にも考えがあるので、このようなレスポンスがあるでしょう。

部下の意見や要望もよく聞くことが大切です。

そうすることで、上司の期待と部下の受け止め方にギャップがあることが

明確になります。

そして、共有化することもできます。



何事も勝手に期待する、勝手に思い込むことはせず、

相手がどう思っているのかを確認することが大切です。

そうすることで、自分が常識だと思っていたことが、

部下には非常識だったなんてこともあります。