もう日本は先進国ではない!(動画編)

最終更新: 6月19日

ここ数年、様々な分野で日本は本当に先進国なのかと疑いたくなるようなデータが公開されています。

いまだに高度経済成長期の神話を信じている人もいるようですが、現実は世界との格差は広がっています。

そこで今日は、世界での日本のポジションをわかりやすく解説します。



コロナ禍になり、日本では盛んにDX(デジタルトランスフォーメーション)と言われていますが、言葉だけが先行してDX化が進展しているという実感がほとんどありません…。 そもそも、官庁や役所のデジタル化もままならないのが現実です。 ようやく昨年、政府が押印見直しを実行しましたが、どのくらい実現したのかは不明てす。



さて、DXが進まない理由を説明します。

海外の企業は、社内にITエンジニアを抱えており、約7割のデジタル化を社内で行っています。 そして、残りの約3割をアウトソーシングしています。 しかも、アウトソーシング先は海外です。

日本はまったく逆で、ITエンジニアのほとんどを社外に頼っているので、なかなかDXが進みません。 これが現実なのです。 先進国の中でも、ITを外注している国は日本くらいだということです。



このまま、DX、IT、デジタル化が遅れれば、世界と互角にビジネスをすることは不可能でしょう。 外資系企業が参入してきたら一貫の終わりといった感じです。

さらに日本では、新聞の購読者数が激減しています。 ですが、これといって打開策が進んでいるわけではありません。

ニューヨーク・タイムズは、紙媒体の新聞をいち早くデジタル化した結果、オンラインの収入が紙媒体からの収入を上回りました。 アメリカでは新聞配達にコストがかかりすぎるので、とっくに紙媒体の新聞は廃れています。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧

最新記事

すべて表示