やる気の出ない時どう対処したらいいのか?

営業パーソンが結果を出すには、いかにして気持ちをしっかりと持ち、前向きに、気分良く仕事をすることが大切です。 気持ちがふらふらしていたり、後ろ向きだったり、気分が悪かったりすれば、上手くいく商談も上手くきません。 そこで今日は、営業パーソンの心の問題についてわかりやすく解説します。

営業に限らず、常にやる気満々で仕事に望むは大変難しいことです。 自分のことを考えても、「気分がのらない」「落ち込んでいる」「体調が優れない」など、なんらかの理由で営業活動にブレーキがかかることがあります。 このような気持ちを無視して第一歩を踏み出せば、なんてことはないのですが、そう簡単ではありません…。

特に営業活動は相手あってのことですから、コミュニケーションに影響が出てきます。 コミュニケーションに影響が出るということは、営業成績も上がらないということになります。 営業はコミュニケーションがすべてですから…。 私自身の経験も踏まえて、気分がのらない時に対処方法をいくつか紹介します。

一番即効性があるのは、先程も紹介した「自分の気持ちを無視して行動する」ことです。 人間がやる気になるには、脳の側坐核を刺激する必要があります。 側坐核を刺激するには、行動するしかないのです。 つまり、体の筋肉を動かすことでやる気になるということです。

ですが、あまりに芸のないやり方ですので、もう少し自分に優しいやり方を紹介します。

様々な営業パーソンを観察していると、人それぞれやる気になる動機が違います。 たとえば、「理念やミッションを思い出すことでやる気になる人」「がんばったら自分にご褒美を出すことでやる気なる人」「休みを取ることでやる気になる人」「友達や家族とコミュニケーションを取ることでやる気になる人」「買い物をすることでやる気になる人」「趣味に没頭することでやる気になる人」「旅行に行くことでやる気なる人」など、多種多様なやる気の源があります。

では、やる気がなくなった時の対処方法をお伝えします。 ポイントは、無理して自分を鼓舞するのではなく、やる気のない自分を認めることです。 やる気のない状態で自分を鼓舞すると「私はできる!」「私に不可能はない!」「必ずできる!」など、超ポジティブなワードで自己暗示にかけることになります。 ですが、無理に気持ちを高揚させて引き上げようとすうので、心理的な葛藤が起こります。結果、さらに厳しい状況に陥ることになります…。

このような場合は、やる気のない自分を認めることが重要です。 ダメな自分を認めたくないから、なんとかやる気を出そうとして頑張るので、気持ちがバラバラになっていきます。

たとえば、「調子の悪い時もあるさ…」と、思えばいいのです。 そもそも、365日24時間、絶好調の人などいません。 山あり、谷あり、というのが本当のところです。

また、完全主義、完璧主義の人は要注意です。

「完全でなくてもいい…」「完璧でなくてもいい…」「休んでいい…」「結果など気にせずに行動してもいい…」「泣き言を言ってもいい…」など、無理してやる気を出すのではなく、一旦ありのままの自分を認めましょう。

そうすることで、気が楽になります。 気が楽になれば、気持ちも落ち着きます。 気持ちが落ち着けば、再びやる気になります。 時間が解決してくれます。

人間には、心身のバイオリズムがあります。 そのバイオリズムを受け入れてください。 バイオリズムに逆らおうとするから、心身が病気になってしまうのです。 ●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

人生は、いつ何が起こるか誰にもわからない…(動画編)

動物に「引退」という言葉はありませんが、人間には、「引退」とか「隠居」という言葉があります。 人生100年時代と言われて久しいですが、人間に引退は必要なのでしょうか? そこで今日は、人生100年時代をどう生きるのかをわかりやすく解説します。 ほんの30年前まで、会社員であれば60歳になると会社を退職して、年金暮らしがごく普通でした。 第一線を退き、悠々自適に老後を楽しむといった感じです…。 ところ

成功は必然なのか偶然なのか?(動画編)

成功者の多くは、自分の実力で成功したとは言いません。 むしろ「多くの人の支援や助けがあって、上手くいきました」とか、「たまたま、運が良かっただけです」など、必然よりも偶然で成功したような発言をする人が多いのです。 そこで今日は、成功は必然なのか偶然なのかをわかりやすく解説します。 このようなテーマで思い出す人物が二人います。 まずは、元大リーガーの「イチロー」です。入団当初は1軍と2軍を行った

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン