top of page

イスラエルは起業家精神の塊!(動画編)

更新日:2021年7月22日

先日「起業家精神のルーツ CHUTZPAH イスラエル流"やり抜く力"の源を探る」という、イスラエル軍のエリート諜報部隊の出身で、起業家で3人の男子の母親である インバル・アリエリさんの著作に出会いました。

イスラエルに注目したことはあまりありませんでしたが、 凄い国だということがわかりました。



そこで今日は、イスラエルの起業家精神についてわかり易く解説します。



イスラエルの人口は900万人で、大阪府と同じくらいです。 面積は、ほぼ四国と同じ広さですが、なんとベンチャー企業が8000社もあります。

人によってはイスラエルを「スタートアップ・ネーション(起業国家)」 と呼ぶ人もいるそうです。 そもそも、ベンチャー企業が数多くあることすら知りませんでした。 これだけのグローバル社会になっても、注目しなければ情報を収集しないのが人間です。


このように、イスラエルは世界でもっともスタートアップ企業の集積度が高く、 起業家精神のグローバルな拠点としてアメリカを除く世界のトップに ランクインされています。 そして、注目すべきはイスラエルは138ヶ国中第3位のイノベーション大国 だということです。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page