インプットとアウトプットの効果的な比率とは?(動画編)

ここ数年、「インプット」「アウトプット」という言葉を頻繁に聞くようになりました。

人間は外部から情報をインプットして、言葉や文字でアウトプットします。

そこで今日は、インプットとアウトプットについてわかりやすく解説します。



ビジネスの現場では、知識や経験を自分自身に吸収することを「インプット」と言います。また、インプットしたものを仕事に活かすことを「アウトプット」と言います。

つまり、私たちが生まれながらに無意識のうちに行っているのが、インプットとアウトプットです。

インプットとアウトプットを行わない人はいません。

それくらい当たり前のことなのです。



アメリカ国立訓練研究所によれば、学習方法と平均学習定着率の関係は

「ラーニングピラミッド」という図で表すことができます。

学校の授業や会社の研修など、学習方法は様々です。

ラーニングピラミッドでは、7つの学習方法とその学習定着率が明記されています。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧