オフィスは集中力を阻害する(動画編)

最終更新: 7月22日

仕事で効率を上げたり、アイデアを発想する場合、いかにして集中力を高めるかが 重要です。



そこで今回は、集中力についてわかりやすく解説します。



そもそも、集中力とは何でしょうか?

ウィキペディアによれは、「集中力とは一つの事柄に注意を集中して物事に取り組む 能力。」とあります。

ここで注意しなければいけないのは「集中力」と「注意力」を混合しないことです。


よく注意力散漫と言いますが、注意力散漫で起こるのは、忘れることや凡ミスなどです。 注意力散漫は、集中していなかったから起こることがあるかもしれませんが、 イコールではありません。



たとえば、車の運転に集中することは、単に車の操作を完璧にこなすことだけでなく、 歩行者がいないかや信号が変わらないかなど周辺に注意を配ることも含まれます。 反対に、集中していると周りが見えないことがあります。 仕事に没頭するあまり、外が暗くなったことに気づかなかったことはありませんか。 これは集中力はあるけど注意力はない状態といえます…。



このように、集中力と注意力は似て非なるものです。



集中力を科学的に分析すると、脳神経伝達物質ドーパミンが学習や記憶、 注意などに影響する物質ですが特に作業記憶に関与するとされおり、 集中力を高めます。 また、前向きな未来に向かっている時や既に行動している時に、

ドーパミンは出やすいそうです。



では、集中力が持続できる時間はどのくらいでしょうか? 

多くの研究で立証されているのが、集中力は15分周期で集中の波があり、

集中力を持続する限界は90分だといわれています。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

運がいい人9つの特徴!(動画編)

「運がいい」とか、「運が悪い」とかを気にするのが人間です。 運は目に見えるものではないので、掴みどころがないというのが本当のところです。 そこで今日は、運についてわかりやすく解説します。 Wikipedia(ウィキペディア)によれば、運とはその人の意思や努力では どうしようもない巡り合わせを指すとあります。 また、運が良い(幸運・好運)とは到底実現しそうもないことを、 偶然実現させてしまうことなど