オンライン営業、最強のツールとは?(動画編)

最終更新: 1月16日

新型コロナウィルスの感染拡大で、企業活動の中で一番困ったのは、販売員や営業パーソンかもしれません。 営業パーソンはコロナ以前、既存顧客への訪問は相手との都合さえ合えば自由に行っていました。

ところが、手のひらを返したように、感染防止のために対面営業は困るとなったわけです…。 わずか数ヶ月でこれほどまで価値観が変わるのは、一生に何回あるでしょうか?


そんな中、注目されたのが「オンライン営業」です。 一概にオンライン営業といっても、範囲が広すぎて非常に抽象的です。 そこで今日はオンライン営業にうってつけの営業ツールをわかりやすく解説します。 オンライン営業を細分化すると、まずは「新規見込客の獲得」があります。 次に、「新規見込客を育成」する活動があります。 そして、商談できるような状態にするためには「案件化」が必要です。 この段階までいけば、ようやく「商談」ということになります。 さらに、取引が始まった顧客に対しては、「リピート促進」する活動があります。 このように、オンライン営業の範囲は大変広いのですが、恐らくほとんどの人は、オンライン営業はZOOMなどを使った商談を思い浮かべることでしょう。

ですから、リアル営業と同じ範囲のことが、オンライン営業でもできるということです。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

受付突破できない理由を受付嬢が教えてくれた!(動画編)

「飛び込み営業」「アポなし訪問」は、抵抗感がある人も多いかと思います。 一方、飛び込み営業やアポなし訪問をされる側はどう感じているのでしょうか? そこで今日は、嫌がられる営業パーソンについて、わかりやすく解説します。 私は、飛び込み営業やアポなし訪問をコロナ以前は頻繁にやっていました。 飛び込み営業は読んで字の如く、これはという見ず知らずの企業に飛び込んで話を聞いてもらう営業手法です。昔ながらの方

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン