オンライン飲み会やClubhouseの今(動画編)

更新日:9月18日

今年の1月下旬に突如注目された「clubhouse(クラブハウス)」ですが、

随分と落ち着いてきたようです。

また、昨年の春頃に大変話題になった「オンライン飲み会」ですが、

これはまったくと言っていい程、聞かなくなりました。



そこで今日は、クラブハウスとオンライン飲み会の現在についてわかりやすく解説します。



まず、オンライン飲み会ですが、新型コロナウイルスの感染拡大と緊急時代宣言により、

リアル飲み会の代わりに登場しました。

一年以上前のブログでもオンライン飲み会の進行ややり方をご紹介した記憶があります。

私の印象としては、便利ではありますが、いざやってみたら進行もやり方も面倒だし、

それほどおもしろくないというのが本音だったのだと思います。



最初のうちは目新しさや珍しさがありましたが、酔っ払ってくれば画面越しに

飲み会をやることに大変なストレスを感じます…。



日本トレンドリサーチが昨年と今年の5月に、オンライン飲み会をやっている人の割合を

比較調査したところ、昨年は15.3%、今年は15.0%。ほとんど変わりありません。

ということは、オンライン飲み会市場は拡大していないということです。

また、コロナが収束した後でもオンライン飲み会をしたいかの質問に対しては、

昨年は「したい」と思う人が65.2%いたのに対して、今年は「したい」と回答した人は34.8%に留まりました。

激減しました…。これが現実です。



さて次は、クラブハウスです。

1月末から2月にかけてテレビなど多くのメディアに取り上げられて、

200万人以上が入って、有名人もかなり参入してきました。

ところがこちらも落ち着いてきました。

アプリのダウンロード数を見ても、外国に比べて利用者数は増えておらず、

下火になっています。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

5回の閲覧