top of page

クロージング不要論?!(動画編)

多くの営業マンが直面する大きな課題の一つが「クロージング」だ。

実は私も、営業をやるようになってからずっとクロージングが最も苦手だった。顧客と良好な人間関係を築いても、最終的な契約に至るだろうと思われる一歩が踏み出せないことがあった。このような営業マンはことのほか多いと思われる。そこで今日は、クロージングについてわかりやすく解説する。



私が生まれてはじめて営業をやったのは19歳の時。

もちろん、クロージングなんていう言葉も知らず、何しろ1年間で1件の契約も取れなかったという苦い経験がある。その後、クロージングという言葉を知るわけだが、そもそも何を言ったらいいのかがわからない…。さらに、クロージングをするのはいいが「断られることへの恐怖」が非常に強かった。長い時間をかけて築いた人間関係が、クロージングによって崩れることへの不安が怖かったというのが本音だ。



また、クロージングを知った後も、クロージングの技術にまったく自信が持てなかった。

どのようにして提案を締めくくり、見積りを提示して、顧客に決断を迫ればいいのか、その方法がわからなかったし、教えてくれる人もいなかった。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓


●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page