コピーをとらなければいけないのですが!

人間は感情の動物だと言われています。 たとえば、買い物をするときの心理を考えてみましょう。 人によっても違いますが、購入する基準が感情優先の人と理屈優先の人がいます。 感情優先とは「何だかよく説明できないけど、こちらの商品の方が好き」というような心理です。 一方、理屈優先とは「◯◯◯◯の効果があるし、これを使えば将来的には◯◯◯◯というメリットがある」というような心理です。 これは商品によっても異なるでしょうが、大きく分けると購入心理はこの2つに分類できます。

また、感情優先の人は「限定〇〇個限り」「ここでしか買えない限定商品」「三日間限りの特別価格」などのキーワードに反応します。 これらはすべて、商品の機能や品質とはまったく関係のないことで、お客様の感情を揺さぶる言葉でもあります。 昔から、ずっとずっと使われている古典的なマーケティング手法です。

この手法がいまだに効果があるということは、人間の普遍的な感情を刺激するからなのでしょう。

さて、人間には「理由」を言われるとその要求を飲んでしまうという側面があります。 たとえば、あなたが電車に乗ったとします。残念ながら、座席は1つも空いていません。 そこで、目の前に座っている人に、「席を譲ってくれませんか?」と頼んでみました。

もし、あなたが座席に座っている人ならば、このような依頼に対してどう答えますか。


恐らく、無条件に席を譲る人は少ないと思われます。

多くの人が「なぜ、この人に席を譲る必要があるのだろうか?」と考えるはずです。 もちろん、考えた末に席を譲る人もいるでしょうが、断る人も多いと思います。 ところが、「腰が痛いので席を譲ってくれませんか?」と言われると、躊躇することなく席を譲る人が多いでしょう。 理由は簡単です。席を譲らなくてはいけない理由が明確だからです。 これほどまでに、明確な理由があると、何も考えずに行動してしまうのです。

これを心理学用語で「カチッサー効果」といいます。

ハーバード大学の心理学者、エレン・ランガーさんが行った実験が有名です。 その実験とは、被験者にコピー機に並ぶ順番待ちの列の先頭へ向かい、3通りの言い方で依頼をさせました。

===========================================================

①すみません、5枚なのですが、先にコピーをとらせてもらえませんか?

②すみません、5枚なのですが、急いでいるので先にコピーをとらせてもらえませんか?

③すみません、5枚なのですが、コピーをとらなければいけないので先にコピーをとらせてもらえませんか?

===========================================================

結果は、①の理由がなく要求だけの時は、承諾率は60%でした。 ②の理由を付け足したときの承諾率は94%にまで上昇しました。 さらに、③の理由を付け足した時も93%の人が承諾して順番を譲ってくれたのでした。 よく考えると、③の要求は明らかに理由としては納得できません。 「コピーをとらなければいけないので」というのは理由になっていないからです。

この実験からわかることは、人は理由を耳にしている時に、理由の内容ではなく「~なので」というフレーズだけを聞く傾向にあるという仮説が得られました。

私たちは、「~なので、~してくれませんか」とお願いされた時、「理由があるならしょうがない」と機械的かつ無条件に要求を受け入れている可能性は大です。

要求を飲んでもらう時は、理由を明確にすることで(その理由が正当なものでも、そうでなくても)、承諾してもらえる確率が格段にアップします。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


最新記事

すべて表示

議論に勝つ最善の方法はこの世にただひとつ!(動画編)

世の中は人間と人間とのコミュニケーションで成り立っています。 商品やサービスを販売するのも、選挙で当選するのも、「相手を説得する」「相手の意見を変えさせる」などのコミュニケーション術が重要になります。 ここ数ヶ月、新型コロナウイルスの件で、政治家は非常時の対策に追われました。 これとて、国民にコロナ対策を理解してもらったり、国民の意見を変えさせたりと、交渉術やコミュニケーション術が重要です。 特に

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン