コロナ禍でも売上を伸ばす方法とは?(動画編)

最終更新: 2020年11月14日

コロナ禍の中、売上が5~6割も減少している企業も多いことと思います。

この状態が、数ヶ月、1年、3年と続いたら間違いなく倒産に追い込まれます。

かといって、「ビジネスモデルを変えたり」「新たな事業を展開する」にも、何をやったらいいのかわからないという企業も多いことでしょう。



そこで今日は、シンプルに売上を伸ばす方法をわかりやすく解説します。



売上を分解すると、「客数」「客単価」「購入頻度」という、3つの要素のかけ合わせであることがわります。

この3つをコントロールできれば、売上を計画的に伸ばすことが可能です。

たとえば、客数、客単価、購入頻度を5%アップさせることができれば、売上は115%になります。

実に15%も売上が伸びるのです。



さらに、それぞれ10%アップさせることができれば、売上は133%になります。

これが一番簡単な、売上アップの考え方です。

たたし、客数を増やす戦術と客単価を上げる戦術はまったく異なります。

また、購入頻度を上げる戦術もまったく異なります。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と