コロナ禍でも売上を伸ばす方法とは?(動画編)

最終更新: 2020年11月14日

コロナ禍の中、売上が5~6割も減少している企業も多いことと思います。

この状態が、数ヶ月、1年、3年と続いたら間違いなく倒産に追い込まれます。

かといって、「ビジネスモデルを変えたり」「新たな事業を展開する」にも、何をやったらいいのかわからないという企業も多いことでしょう。



そこで今日は、シンプルに売上を伸ばす方法をわかりやすく解説します。



売上を分解すると、「客数」「客単価」「購入頻度」という、3つの要素のかけ合わせであることがわります。

この3つをコントロールできれば、売上を計画的に伸ばすことが可能です。

たとえば、客数、客単価、購入頻度を5%アップさせることができれば、売上は115%になります。

実に15%も売上が伸びるのです。



さらに、それぞれ10%アップさせることができれば、売上は133%になります。

これが一番簡単な、売上アップの考え方です。

たたし、客数を増やす戦術と客単価を上げる戦術はまったく異なります。

また、購入頻度を上げる戦術もまったく異なります。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

トップ営業パーソンのセールストークとは?

トップ営業パーソンは、絶妙な営業トークを展開します。 そこで今日は、トップ営業の営業トークや商談トーク術のひとつ「買わない理由を潰す」ことをわかりやすく解説します。 通常、商談といえば、いかにして見込客を買う気にさせるかに焦点を当てます。 ですから、この商品を購入することで見込客が得られるメリットやベネフィットを伝えるのが商談の鉄則です。 これが、行き過ぎると「煽りトーク」になってしまうので注意し

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン