コロナ禍で流行っている新たな営業手法とは?

コロナ禍以降、新しい営業手法が登場しています。

「よく考えるなぁ…」と関心してしまいますが、考えている立場になると、

「これはいける!」と思うから実行するわけです。



そこで今日は、コロナ禍で流行っている新しい営業手法についてわかりやすく解説します。



コロナ禍以降、新規顧客獲得の営業活動として目立っているのが「テレアポ」です。

テレアポは昔からある古典的な手法なので、決して新しい営業手法とは言えません。

ですが、当社がテストした新規顧客獲得法の中では、即効性という点では

ダントツで効果があります。



「いまさらテレアポ?」と思った人もいるでしょう。

ですが…、「たかがテレアポ、されどテレアポ」です。

やはり、一方的なコミュニケーションではなく会話が成立しますので、

即効性があるのです。

メールやDMは一方的なコミュニケーションになりますので、

開封されなければ一巻の終わりです。



とはいうものの、既存顧客に対してはメールやDMは最強です。

知っている企業からのアプローチですから開封される確率が高いということと、

特にDMは紙媒体なので社内で閲覧できるメリットがあります。

さらに、紙媒体は記憶に残りやすいという特性があります。



また、既存顧客ですから取引が発生しています。

ですから、顧客維持や客単価アップのために営業コストをかけても問題ありません。



テレアポの話に戻りますが、最近はいかにも知り合いだというノリで

電話をかけてくる企業があります。 当社にも頻繁にテレアポから売り込みがありますが、最初に「お世話になっております」「いつもありがとうございます」と言われると、いかにも知り合いだという

雰囲気になります。

その結果、つい電話を繋いでしまうことが多々あるようです。

私も何回も経験しました。



さて、次はコロナ禍で本格化した新規顧客獲得手法を紹介します。

それは、ホームページの「問い合わせフォーム」からの営業です。

企業ホームページには必ず問い合わせフォームがあります。

そして、問い合わせフォームには、「問い合わせ内容」という自由記入欄があります。

この問い合わせ内容という自由記入欄に、自社商品やサービスのPRを記載するのです。



そうするとメールで担当者宛に問い合わせ内容が送られてきます。

当社の場合、週に3~4件はこの手の売り込みがあります。

これを、「問い合わせフォーム営業」と呼びます。



もっと頻繁に問い合わせフォーム営業がある企業は鬱陶しいでしょうが、

法律的にはまったく問題はありません。

企業の受付で「○○のサービスをご案内しておりますが、○○担当の方に資料を

お渡ししたいのですが…」と営業しているようなものです。

問い合わせフォームは受付のようなものですから、対処のしようがない

というのが本当のところです。



専門家に聞くと、スパム的な対処が難しいそうです。

理由は、文面以外は顧客からの問い合わせと何ら区別がつかないからです…。



当社への問い合わせフォーム営業は、「採用」と「新規見込客獲得」

の企業からばかりです。

特に、採用に関しては、あらゆる業種で人手不足が顕著になっていますから、

なりふりかまわず問い合わせフォーム営業を行っているのでしょう。

実際に当社にきたものを掲載します。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be