ジョブズがはまりそうだった罠とは?(動画編)

先日、衝撃的なエピソードを聞きました。

それはiPheneの開発秘話です。私は何の疑いもなく、スティーブ・ジョブズがアイデアを出し、それを具現化したものだと思っていました。恐らく、多くの人がそう思っていたと思います。そこで今日は、商品開発の落とし穴についてわかりやすく解説します。



これから紹介する話は、ペンシルベニア大学ウォートン校教授で組織心理学者のアダム・グラントさんの著書「THINK AGAIN 発想を変える、思い込みを手放す」に掲載されているものです。この本は、ニューヨークタイムズNO.1のベストセラーとなり、邦訳版シリーズ累計25万部を突破しました。アダム・グラントさんはデビュー作『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代』は31ヶ国語で翻訳され、全世界で大ベストセラーとなりました。



本書は、思い込みを手放し、発想を変えるための方法を記したものです。

あのスティーブ・ジョブズでさえ、思い込みを手放すことが難しかったという話です。



Apple社が時価総額世界一なった最大の要因は、なんといっても「iPhone」の大成功です。これに異を唱える人はいないでしょう。ところが、ジョブズはiPhoneの開発には大反対をしたのです…。

続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be 

閲覧数:1回