top of page

セールススクリプトだけで上手くいきますか?(動画編)

更新日:2020年6月6日

コンサルタントをやっていると、クライアントから「マニュアルはありませんか?」と尋ねられることがあります。

個々のクライアント向けに作成したマニュアルは持ち合わせていませんが、たとえば法人営業全般や商品開発前半に関する体系だったメソッドはあります。



先日、法人営業向けのメソッドを整理していたら、A4用紙で約200枚になりました。

文字がぎっしり書いてありますので、もう少し読みやすく余白を持ったレイアウトにしたならば、300ページはくだらなかったでしょう。



この法人向けのメソッドは、ある業界に特化したような事例はなく、様々な業界の事例が登場します。

また、なぜそのような行動をしなければいけないか、その背景にある考え方や理論も盛り込まれています。

ですから、これを読んでいただいて実践すれば、応用が効くということです。



よくあるマニュアルは、セールスの場面を想定して一字一句正確に書いてあるものです。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page