top of page

チームワークを高めても良い仕事はできない!?(動画編)

更新日:2023年6月10日

世の中、間違ったことが常識として共同幻想になったいることがある。

また、当たり前だと思っていた因果関係が真逆だということもある。そこで今日は、チームワークに関する間違った常識についてわかりやすく解説する。



経営者であれば、活発で強い組織にしたいと言う人がほとんどだ。

「企業は人なり」と言われるように、どのような組織形態で、どのような人材配置をして、どのように組織運営をしていくのかで、業績が決まると言っても過言ではないからだ。



また、団体スポーツでは企業以上に組織のことが重視される。

たとえば、「サッカー」「ラグビー」「野球」「バスケットボール」「アイスホッケー」などが代表的なものだ。この中で野球は静的なスポーツだが、それ以外は常に動き回っており、即座に意思決定を求められるスポーツだ。つまり、ほぼ即興で判断する。



そういった意味では、常に組織の問題はついてまわる。

いわゆる「チームワーク」と言われるが、メンバーを一人入れ替えただけで、それまでの動きが嘘のように効果的に動き出すことがある。ここが組織のおもしろいところだ。



参考までにチームワークとは、複数の人々が協力し合って共同で目標を達成するために行う活動や作業のことで、個々のメンバーのスキルや知識を組み合わせ、相互に協力して目標達成を目指すことで、効率的かつ効果的な成果を生み出すことができる。



経営の常識として信じられているのが「よいチームをつくれば、よい仕事ができる」という考えだ。一見、正しいように思う。恐らく100人の経営者がいれば、99人はその通りだと言うだろう。しかし、この説は本当だろうか?



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:0回
bottom of page