チームワークを高める方法とは?(動画編)

更新日:2021年1月30日

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で、リモートワークやテレワーク、オンライン化が大幅に進展しました。 そのおかげで、移動コストが削減する一方、社内コミュニケーションが円滑に機能しなくなったという話しも課題となりました。 コミュニケーションが円滑でなくなると、なんとなくチームワークが悪くなるのではという心配が…。 そこで今日は、チームワークを高める方法をわかりやすく解説します。

数年前、カーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学、ユニオンカレッジのチームが、会議の参加者には測定可能な「集団的知性」があるかどうかについての検証を試みました。

集団的知性とは、多くの個人の協力と競争の中から、その集団自体に知能や精神が存在するかのように見える知性のことを言います。 諺で「三人寄れば文殊の知恵」がありますが、これは、三人集まれば、一人で考えるより色々なアイデアが集まり良い知恵になる、という意味です。

つまり、「集団が個々の能力の集合だけでなく、それ以上の知恵を生み出せること」になります。 もちろん、その逆に「集団になって、個々の知性が減衰・欠落する」という現象も起こります。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の