デジタルとアナログの良さを知っていますか?(動画編)

この記事を書いているのは、2021年11月18日です。新型コロナウイルスの感染者は激減しました。ただし、北海道の感染者が増え始めています…。第六波が心配ではありますが、さすがに国民も慎重になりました。油断して大々的に忘年会や新年会をやると、また感染が拡大するかもしれないという意識が芽生えています。



そんな中、リアル営業がコロナ禍以前に戻りつつある企業もあります。コロナ禍によって、営業のオンライン化、デジタル化が急激に進展しました。その反動で、リアル営業、アナログ営業の温かみが再認識されているような気配を感じます。そこで今日は、再評価されるリアル営業&アナログ営業についてわかりやすく解説します。



さすがに約2年に渡り、オンラインでの営業やコミュニケーションをメインで行なっていると、リアル営業やリアルコミュニケーションの良さを再認識します。特にデジタルとアナログでは雲泥の差があります。



 とえば、メールなどで「ありがとうございます」という文字を読んでも、そこに個性や情熱を感じ取ることはできません。言い換えれば、誰が「ありがとうございます」という文字を入力しても同じです。



Aさんは情熱的で、Bさんはクールだなんてことにはなりません。もちろん、前後の文脈からそう感じることはあっても、「ありがとうございます」という文字だけでは、そうは感じません…。




ところが、「ありがとうございます」という文字を手書きすると、途端に個性や情熱を感じます。当たり前と言えば当たり前なのですが、このことに気づいていない人も多いのです。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示