ビジネスで一番重要なターゲット設定!(動画編)

最終更新: 2月19日

ビジネスに於いて「ターゲットの設定」は非常に重要です。 ところが、ターゲットの設定が甘い企業がほとんどです。 たとえば、「製造業」「介護施設」「高齢者」「社長」などです。 何となくイメージはできますが、あまりにも範囲が広く、抽象的なターゲット設定です。 これが、中小企業の現実です。

そこで今日は、ターゲット設定についてわかりやすく解説します。

そもそもターゲットとは何でしょうか?

ターゲットとは直訳すれば「標的」です。標的とは狙いを定めている獲物というイメージがあるので、何となくお客様を食い物にしているようで、この言葉が嫌いなビジネスパーソンも多くいます。 とはいうものの、やはりターゲットには違いないのです。

ターゲットの設定として、ここ15年程ですっかり有名になったのは「ペルソナ」といわれる手法です。

ペルソナとは「自社商品を利用する典型的なユーザー像」のことです。 年代、性別、居住地などの属性のことではなく、ライフスタイルと捉えてください。

たとえば、「東京都港区青山の築5年のマンションに住む35歳の独身女性。勤め先は外資系商社で、北米への輸出を担当。英語はペラペラで、年に4~5回はアメリカ出張へ。年収は800万円で、休日はスポーツクラブ、エステ、ウィンドショッピングなどを楽しんでいます。また月に2~3回、学生時代の友達と会食をする」。 このように、理想のユーザー像のライフスタイルを明文化したものがペルソナです。 ターゲットは、絞り込めば絞り込むほど、具体的になればなるほど訴求力を増します。

続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

トップ営業パーソンのセールストークとは?

トップ営業パーソンは、絶妙な営業トークを展開します。 そこで今日は、トップ営業の営業トークや商談トーク術のひとつ「買わない理由を潰す」ことをわかりやすく解説します。 通常、商談といえば、いかにして見込客を買う気にさせるかに焦点を当てます。 ですから、この商品を購入することで見込客が得られるメリットやベネフィットを伝えるのが商談の鉄則です。 これが、行き過ぎると「煽りトーク」になってしまうので注意し

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン