ブリとチョコレートの関係とは?(動画編)

更新日:2020年7月4日

先日、朝のバラエティ番組を見ていると、ある「鰤(ブリ)」が話題になっていました。

そう、魚の鰤です。

刺し身で食べても美味しいし、しゃぶしゃぶで食べても美味しい魚です。

私も大好物です。



ブリは出世魚で、幼魚や若魚を「ヤズ、ワカシ、ワラサ、イナダ」など、成長段階に合わせて各地で区別します。

新潟のスーパーでは、「ワラサ」「や「イナダ」の刺し身は販売されています。

「ヤズ」「ワカシ」という呼び名は初めて聞きました。

全長が70~80cmほどの成魚になると「ブリ」と呼びますが、これは全国共通です。



ブリは冬になると、「寒ブリ」と呼ばれます。

寒ブリは一年でもっとも美味しいと言われていますが、通常の「ブリ」と「寒ブリ」は何が違うのでしょうか?



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!  https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の