top of page

プライドなんが捨てて、若い人に学べ!(動画編)

更新日:2020年8月29日

先日、全国展開している企業の支店長と話をする機会がありました。

さすがに急成長した企業は、若手社員を抜擢しています。

新潟市には、全国展開しているホームセンターの「コメリ」の本社があります。

かれこれ30年以上も前のことになりますが、同級生の家に遊びに行きました。

当時、25歳だったと記憶しています。



高校を卒業してからまったく会っていなかったので7~8年ぶりでした。

私はプロミュージシャンになるという夢を諦めて、新潟に戻ってきました。

高校卒業後、1年間だけファーストフードの従業員として働きました。

とは言っても高校時代からずっとアルバイトしていた店なので、スライド式に従業員になっただけです。



ですから、就職試験も面接もパスです。

もの凄く安易に就職してしまいました。

1年後、プロミュージシャンを目指して上京しましたので、音楽しかやっていませんでした…。



さて、同級生と再会したわけですが、彼はなんとコメリのある店で店長をやっていたのです。

同じ高校を卒業して、同じ年齢なのに、かたや夢破れて田舎に戻ってきた無職の男、かたや急成長を遂げている企業の店長です。

当時は、「一体、この差はなんだ?」と微塵も思いもしませんでしたが、この歳になって冷静に考えてみると雲泥の差です…。

人生とは不思議なものです。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page