メンタルが強い人とは?すぐに切り替えができる!

日本には昔から「根性」という言葉があります。

私が小中学生の頃は、日常茶飯事に使われていました。 当時、根性の正確な意味はわかりませんでしたが、「根を上げない」「我慢強い」「諦めない」などの意味で使っていたような気がします。

そこで、意味を調べてみました。



「物事をあくまでやりとおす、たくましい精神。気力。」とあります。

私が思っていたことと、ほぼ同じ意味です。

また、テレビアニメも「スポ根」というジャンルがありました。スポ根の代表的な作品は、「巨人の星」「アタックNo.1」「タイガーマスク」などです。

特に、巨人の星は主人公の星飛雄馬の父・星一徹の言動が破天荒でした。

気に入らないことがあると、食卓のちゃぶ台をひっくり返したり、飛雄馬がより速い球を投げられるように、大リーグボール養成ギブスなるものを開発したり、今だったら虐待で訴えられます。完全にアウトです。 当時はそれを虐待と思う人はいませんでした…。


ですから、わずか50年の間にこれだけ価値観が変わったということです。

日本は高度成長期を経て、大きく変貌しました。



さて、メンタルが強いとはどういうことなのでしょうか?

世界トップレベルのアスリートたちの試合を見ると、テクニックやスキルも非常に大切なのですが、最後はメンタルが勝敗を左右しているような気がしたならないからです。



これはアスリートだけでなく、ビジネスの世界でも当てはまります。

営業マンが、「今日の商談は契約をしなくてもいい」というネガティブな気持ちで商談に臨んだら、恐らく契約できないでしょう。

ですから、いついかなる時でも「契約できる!」と、自分自身を信じることがことのほか大切です。

よく「自分自身との戦いです」と発言をするアスリートがいますが、これは弱気になりそうな自分と強気の自分の戦いです。 私もよくあります。

「今日は絶対に契約する!」と、強気で商談に向かうのですが、道中もう1人の自分が「もしかしたら失注するかもしれない…」と囁きます。

私という1人の人間の中で、このような葛藤があるのです。

いつまで経っても100パーセント契約できるという確信を持てることが少ないのが現実です。 人間って、本当に面倒な生き物です。

大きな成果を出せば自信になりますが、この自信はすぐに揺らぎます。

たとえば、クライアントからクレームがあったとしましょう。 これだけで、あなたの自信は相当揺らぎます。自信など所詮この程度のものです。



ですから、恒常的に自信があるという人は稀です。

結局のところメンタルが強い人というのは、「できない」「ダメだ」などのネガティブな感情を持たないことではなく、ネガティブな感情を持ってもすぐにポジティブな感情に切り替えられる人なんだと思います。 これは非常に重要です。



一見、メンタルが強いというのはネガティブな気持をこれっぽちも持たないと思われがちですが、人間である限りそのようなことは不可能です。

ですから、ネガティブな気持ちになってもそれを一旦受け止め、すぐにポジティブな気持ちに切り替えられるとうことです。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!  https://lin.ee/11jNwF3be


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の