top of page

メールマガジンは読まれているのか(動画編)

当社はメールマガジンの配信を始めて20年が経ちました。コロナ禍以前は、とりあえず週3回配信をしているというだけで、リアル営業の補佐的な役割でした。ところがコロナ禍以降は、見込客獲得と育成をするための武器となっています。そこで今日は、メールマガジンの効果についてわかりやすく解説します。



メールマガジンの話をすると、「今さらメールマガジン?」と首を傾げる人が多くいます。当然です。メールマガジンが登場したのは、今から20年以上も前で、ネット上の媒体の中ではホームページに次いで古いメディアとなります。つまり、時代遅れのオールドメディアなわけです…。



現在、ネット上ではSNSがメディアの中心になっていますので、メールマガジンは隅に追いやられた感じっです。人間は不思議なもので、古いものは効果がなく、新しいものの方が効果があると考えるようです。



最初にお断りしますが、メールマガジンの効果があるのはBtoBだけで、BtoCは効果はありません。なぜならば、BtoCではSNSのメッセージやLINEでのやり取りがメインだからです。そもそも、パソコンのメールアドレスを持っていない人も今では数多くいます。



さて、メールマガジンでまず気になるのは、読まれているのかいないのかということです。正確には、読まれているのか読まれていないのかはわかりませんが、メールマガジンが開封されたかされないかはわかります。大雑把な判断になりますが…



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

日本の借金王はどこの企業だ?(動画編)

今日は、変わった話題を紹介する。ほぼすべての経営者が借金などしない方がいいと思っているだろう。考えようによっては、借金ができるということは信用があるということでもあるので、捉え方は人それぞれだ。また、借金をせずに設備投資ができればいいが、なかなかそうはいかない場合もある。大きなチャンスを逃してしまうこともあるからだ。そこで今日は、借金王ランキングについてわかりやすく解説する。 与信管理をメインに行

bottom of page