top of page

ランディングページを大量に作る方法(動画編)

今日はマニアックな話ですが、これからのビジネスに於いて非常に重要なことです。 このブログでも、弊社メールマガジン社長の大学でも、ランディングページの重要性を何度もお伝えしてきました。オンライン上で受注を増やすには、ランディングページは必須です。そこで今日は、ランディングページを簡単に作成する方法についてわかりやすく解説します。



はっきり言います!ネット上での受注に関しては、ホームページは向いていません。 自社で保有・運営しているオウンドメディアの中では、圧倒的にランディングページが最適です。


ランディングページとは、その名の通り閲覧者をランディング(=着地させる)ことが目的です。着地とは、ランディングページで紹介されている商品やサービスを「購入する」という意思決定をさせることです。そういった意味では、買う買わないという意思表明を明確にさせるページともいえます。



ランディングページの特徴は情報量が豊富で、何回もスクロールしなければいけない縦長のページです。Yahoo!やGoogleのリスティング広告のクリック先は、広告主のランディングページだといっても過言ではありません。



ランディングページの構成には、おおよそのパターンがあります。

そのパターンに沿ってライティングすれば、そこそこのレベルのランディングページができます。一般的なランディングページの構成は以下の通りです。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

コロナ禍でオンラインコミュニケーションは、ごく一般的になりましたが、いまだにオンラインでは伝わらないと言っている人がいます。そこで今日は、オンラインで伝える技術をわかりやすく解説します。 最近つくづく思うことは、リアルコミュニケーションが一番伝わることは確かだということです。しかし、いまだにオンラインは伝わらないということを前提にコミュニケーションしている人がいるという事実です。時代は変わりました

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page