top of page

リーダーはどうあるべきか?(動画編)

「リーダーはどうあるべきか?」という問いに即答できる人は少ないと思います。

このテーマに関しては、「福島正伸さん」「大久寛司さん」など、の大御所がセミナーや書籍で伝えています。ですが変化の激しい時代はリーダーのあり方が大事ですので、再確認したいと思います。そこで今日は、リーダーのあり方についてわかりやすく解説します。



このデーマに関しては、考え方が2つあります。

ひとつは組織はリーダーで決まるという考え方、もうひとつは組織はリーダーとメンバーという役割の人がいるだけで双方の協力で決まるという考え方です。



前者は、リーダーが手本となりグイグイ引っ張るイメージです。

後者は、フラットな関係で一緒に行動するイメージです。前者は、リーダーの言動が奇想天外だったり(非常意識)、異常にテンションが高い場合、反面教師となりメンバーはリーダーのようになりたくないと感じます。一方後者は、リーダーもメンバーも平等な関係ですから、リードする人が不在となりやすく、また、カオス的状況を回避するために派閥ができる恐れががあります。なんとも難しいところです…。これは組織の人数にもよります。



このテーマについては、たくさんの書籍が出版されており、何が正解なのかわからないというのが本当のところです。



最近、「佐久間宣行(さくま・のぶゆき)のずるい仕事術」とう本の存在を知りました。これにはリーダーの在り方が大変シンプルに紹介されています。

続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
bottom of page