一年前と同じでは超ヤバイですよ!

先日、約1年ぶりに昔のクライアントから連絡がありました。 弊社が発売しているDVDについての問い合わせでした。 DVDは営業に関するものですが、問い合わせしてくれたのは、このクライアントの経営者です。 この経営者はトップセールスマンだけあって、やはり営業の情報に関してはとても敏感です。

早速アポを取り、このクライアントを訪問することにしました。 なんだかんだと1時間ほど営業の話をしたのですが、実は営業マンがすべて辞めたというのです。 そういえば2~3人程の営業マンがいました。 そして現在は、社長1人が営業をやっているとのことです。 職種を問わず、部下を育てるのは非常に難しいと実感しました。 と同時に、わずか1年間で、社内の状況は激変することもあるのだと実感しました。 自社のことを考えても、1年前と現在では随分と状況は変わっています。

「社員数」「コンサルティングメニュー(商品)」「営業地域」など、どれをとっても1年前とは違います。

この経営者と話をする中で、事業の賞味期限の話題になりました。 かつて、事業は一旦軌道に乗れば「30年間は持つ」といわれていた時代がありました。 ですが、現在は10年も持たないものがほとんどです。

下手をすれば3~5年しか持たないような事業もあります。 ということは、それだけ時代の流れが早いということになります・・・。

ちょうど同じ頃、5年ぶりにお伺いしたクライアントがいます。 5年ぶりだけに、懐かしいという気分になりました。 当時、コンサルティングに参加したメンバーもそれなりに年齢を重ねています。 早い話が、歳をとったということです。 当然、私も歳をとっていますので、お互いがお互いのことをそう感じているのではないでしょうか。

ひとつ気になったのは、この5年間で入社した社員がほとんどいないことです。 若い社員が入社しないということは、組織の平均年齢が年々上がるということです。 そうなると、百害あって一利なしです。 ベテラン社員が悪いということではなく、人間は年齢とともに、フットワークは重くなりますし、変化への適応力も落ちてきます。 これは、紛れもない事実です。 ですから、経営者はこのようなことを考慮して、計画的に若い社員を採用しなければ、 組織はどんどん硬直化していきます。

また、組織の平均年齢が上がると、若い新規顧客の獲得が難しくなります。 やはり人間は、元気で、明るく、活気のあるところに集まります。 これも、紛れもない事実です。

何年間も社員が変わっていないということも努力が必要ですが、その反面、 時代背景から考えると非常に危険なわけです。

ですから1年前と「同じ顧客に」「同じ商品を」「同じ売り方で」「同じ社員が」 やっていたら、リスキーな組織状態だと思っていた方がいいでしょう。 経営者であれば、組織の状態を定期的にチェックする必要があります。 「経営が安定しているから大丈夫!」と思ってしまったら危険です。 何も変わらないことが1番のリスクです。 あのコムデギャルソンの創始者であり、デザイナーの「川久保玲さん」が こんなことを言っています。

================================================= 服装のことだけではありません。 最近の人は強いもの、格好いいもの、新しいものはなくても、 今をなんとなく過ごせればいい、と。 情熱や興奮、怒り、現状を打ち破ろうという 意欲が弱まってきている。 そんな風潮に危惧を感じています。 ================================================= 作品に対し『よかったですね』『綺麗だったですね』と 皆から評価を受けたら、不安で仕方ないです。 そんなにわかり易いものを作ったのかと、 自己嫌悪に陥ってしまいます。 =================================================

アーチストらしい言葉ですが、今、この精神がビジネスの世界にも必要です。

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する  株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。    https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。    https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

努力をして報われるためにやるべきことは?(動画編)

最近、「努力」という言葉を聞かなくなったような気がします。 いつの時代も、努力をしている人はしているし、努力をしていない人はしていません…。 人間には2種類いるのかもしれません。 ネットで検索すると、努力とは「目標を実現するために、心や身体を使ってつとめること」と書いてあります。 まずは、目標が必要ということです。 また、努力にまつわる名言は数多くあります。 恐らく一番有名なのは、アメリカの発明家

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン