top of page

一番効率のいい営業手法とは(動画編)

先日、コロナ禍以降はじめて「飛び込み営業」をおこないました。

感染者数は減っているもののコロナ禍での飛び込み営業はどうなのかなと、不安を感じつつやりました。そこで今日は、飛び込み営業についてわかりやすく解説します。



先日、長野出張でした。午前は長野市で営業研修、午後は松本市で同行営業でした。

同行営業とは、クライアント先の営業マンに同行して一緒に商談に臨みます。この同行営業で大収穫があったのです!今回の同行営業は、商談のアポイントが少なかったので、苦肉の策で飛び込み営業に切り替えました。また、運良く工業団地があったので飛び込み営業にはうってつけです。



弊社はコロナ禍以前は、飛び込み営業を定期的におこなっていました。

コンサルタント会社としては異例だと思います。まず、飛び込み営業をおこなっているコンサルタント会社はないでしょう。多い時で月100社の飛び込み営業をおこなっていましたので、飛び込み営業はまったく苦になりません。むしろ、久しぶりだったのでワクワクしながらやりました。



飛び込み営業の条件として、比較的大きな製造業で、守衛さんのいない企業に飛び込みました。守衛さんがいると敷地内に入る時、アポイントの有無や訪問先をチェックされるので飛び込み営業は無理です。

果たしてその結果は?



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

コロナ禍でオンラインコミュニケーションは、ごく一般的になりましたが、いまだにオンラインでは伝わらないと言っている人がいます。そこで今日は、オンラインで伝える技術をわかりやすく解説します。 最近つくづく思うことは、リアルコミュニケーションが一番伝わることは確かだということです。しかし、いまだにオンラインは伝わらないということを前提にコミュニケーションしている人がいるという事実です。時代は変わりました

bottom of page