top of page

中小企業はITやマーケティングの内製化を急げ!(動画編)

「IT」という言葉が登場してから、30年近く経とうとしている。 しかし、まだまだIT化にはほど遠い企業や業界も多い。そこで今日は、中小企業のITとマーケティングについてわかりやすく解説する。


パソコンやスマートフォン、メール、インターネット、キャッシュレス決済、交通系ICカード、ネット通販など、これらはすべてITに含まれる。ITとは「Information Technology(インフォメーション・テクノロジー)」の略で「情報技術」だ。今や私たちの生活やビジネスには欠かせない技術や産業となった。



IT業界は、IT活用して様々なサービスや仕組みを開発している業界だ。 今後は、防災・医療・交通・エンターテイメントとなどの分野での活躍も期待されている。総務省の「令和2年情報通信白書」によると、2018年の国内生産額は99.1兆円で、全体の10%近くを占めている。さらに、日本のGDP成長率に対する寄与率は40%以上と、日本経済の成長の大半をIT業界が貢献していると言っても過言ではない。そのIT業界で数年前からある問題が顕在化している。



経済産業省によると、IT業界は2030年に最大80万人近くの人材不足になると言われている。この不足を回避するためには、子どもや若者にITを身近に感じてもらうことが必須だ。その方法のひとつとして、小学校でのプログラミング教育の必修化だ。既に2020年からスタートした。また、プログラミング教室も多くなった。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page