top of page

二人の距離が一瞬で縮まる自己開示!(動画編)

更新日:2020年6月13日

心理学に「自己開示」と呼ばれるものがあります。

自己開示とは読んで字のごとく自分を開示することですが、自分についての極めてプライベートな情報を相手にありのままに伝える行為です。

心理学の実験では、プライベートな情報を開示すれば、それだけ相手はあなたに好感を持つようになる、ということがわかっています。



ただし、自分を開示するといっても「自慢話」ではありません。

どちらかといえば、自分の「失敗談」や「弱み」を開示することを指すます。



ビジネス上で付き合っている人とは、普段はビジネスの話がメインになります。

そこで、自分のプライベートなことを相手に話すと、そこに親近感が生まれます。

ですので、ビジネスの現場で自己開示という言葉を使った時は、プライベートなことを開示するという捉え方をする人もいます。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page