人がすぐに辞める会社6つの特徴とは?

業種や経営者の考え方にもよりけりですが、人がすぐに辞めてしまう会社というのはあります。 ところが、またすぐに新しい人が入社するので、何とか社員数を維持して事業が成り立っているわけです。 つまり、入口はハードルが低いのですが、一旦入ってしまうと厳しい現実が待っているということです…。



そこで今日は、人がすぐに辞める会社の特徴をわかりやすく解説します。



人が辞める会社よりも、辞めない会社の方が良い会社と思われがちですが、一概にそうとも言えません。 まったく人が辞めない会社は、業績を伸ばさない限り、新しい人を採用できません。新しい人を採用できないということは、新陳代謝が悪くなり、活気のない組織になってしまいます。 今日は、このような根本的なことは考慮せずに、話を進めていきます。

まず、ひとつ目の特徴は、「人間関係がぎくしゃくしている会社」です。 たとえば、同僚、上司、部下などの悪口を平気で言っている会社です。 悪口というのは、傍で聞いていていい気分はしません。 また、私のいないところでは、私の悪口も言っているのだろうなと感じます…。 このような会社では、人を信じることができるでしょうか? 人を信じられない会社で働く人は、まずいないでしょう。

ふたつ目の特徴は、「社員同士の会話が少ない会社」です。

これも、よくあるケースです。会話とは、あいさつなどのマナーも含まれます。

以前、ある企業を訪問して驚いたことがあります。



玄関を入ると、女性社員が10名程、デスクワークをしています。 「お世話になっております。〇〇会社の〇〇と申しますが、〇〇部長とお約束をしております。」としっかりあいさつをしても、すべての女性社員は無視です。 もう1回言っても無視です。 そして、奥の方から〇〇部長が小走りでやって来ました。 こんな会社もあるのです…。 このほか、休憩時間やランチタイムでも会話も少なく、笑い声のない会社もあります。

三つ目の特徴は、「社員同士が無関心の会社」です。

たとえば、同僚が困っていても、見て見ぬふりをします。 同じ会社に勤めている社員同士なのに、自分の仕事以外はまったく興味がないし、協力する気もないといった感じです。

四つ目の特徴は、「相談できる人がいない会社」です。

これは、介護関係にありがちです。介護施設は、365日24時間営業です。 そうなると、毎日、上司と会えないということが起こります。 わからないことがあっても、上司に聞くことができず、誰に聞いていいのかが不明になります。 結果、わからないまま仕事を続けることになります。 これが後々、重要な問題を引き起こすことがあります。



五つ目の特徴は、「社員教育が少ない会社」です。

新入社員の一番の心配事は、仕事が覚えられるかということです。 それなのに上司から、「見て覚えろ!」と言われてしまうと、途端にやる気がなくなります。

昔ならまだしも、未だに見て覚えろという会社もあります。 社員教育がしっかりしていることは、社員定着のひとつの要素です。

ひとつ目から四つ目までは、社員教育で改善できます。 つまり、社員教育の不足で、このようなことが起こっているともいえます。

六つ目の特徴は、「ビジョンがない会社」です。

夢を抱いて入社した会社なのに、将来の方向性や会社がどこに向かっているのかわからなかったら、新入社員は不安になります。 ビジョンのない会社に、ずっと勤めていていのだろうかと心配にもなります…。

これも社員教育同様、社員定着のための重要な要素となります。

いずれにせよ、社員教育とビジョンに集約できるのですが、中小企業では経営者の重要な仕事になります。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


51回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と