top of page

人の話を最後まで聞けないNG行為(動画編)

子どもの頃、「人の話を最後まで聞きなさい」と母親によく言われました。当たり前のことなのですが、いまだに人の話を最後まで聞けないことがあります。特に時間が限られている時です。



恐らく、あなたのにも経験があるでしょう。そこで今日は、人の話を最後まで聞く効果についてわかりやすく解説します。



私が所属する経営者団体「中小企業家同友会」の先輩経営者で、盛んに「傾聴」の大切さを説いていた人がいました。何度かこの人の話を聞いたことがありますが納得しました。私の記憶が正しければ、私たち人間は「選択的難聴」であるということです。



これは、自分の都合の良い話だけを選んで聞いてしまうことです。ですから、相手の真意が正しく伝わらないことが多々起こってしまいます。人の話を最後まで聞かないうえに、都合の良い話だけを切り取って聞くわけですから、コミュニケーションにはギャップが生じて当たり前です…。



アメリカの心理学者でカウンセリングの大家で在るカール・ロジャーズは、「積極的傾聴」を提唱しました。ロジャーズは、自らがカウンセリングを行った多くの事例を分析し、カウンセリングが有効であった事例に共通していた、聴く側の3要素として「共感的理解」「無条件の肯定的関心」「自己一致」をあげました。



そして、これらを基本にした人間尊重の態度に基づくカウンセリングを提唱しました。

ひとつずつ説明します。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

商談が上手くいく、上司からの質問とは?(動画編)

弊社は、クライアントの営業マンに同行して商談に同席する。 また、毎朝の社内で実施されるロープレにも同席する。同業コンサルタント曰く、そこまでやらなくても…と言う。しかし、コンサルタントが中途半端な関わりをすると成果は出ない。そこで今日は、同行営業、同行商談についてわかりやすく解説する。 ロープレは上手にできても、本番である商談ではなかなか上手くいかない営業マンは多い。練習と本番は違うし、相手がどう

Comments


bottom of page