人は買い物をしなくなる!?その心は?(動画編)

最終更新: 7月20日

先日、気になるタイトルの本を見つけました。

その本は、「2025年、人は買い物をしなくなる」というタイトルです。

帯には、「次の10年を変えるデジタルシェルフの衝撃」と書いてあります。



また、「日米中でのEコマースとマーケティングの専門家が衝撃予測!」とも書いてあります。

そのキーワードは、「店舗数減少」「DtoC」「Eコマース」「Amazon」「5G」「AI」などが挙げられています。

 


それにしても、人は買い物をしなくなるというのは、少し大袈裟な表現だと感じていたのですが、本書を読み進めていくうちに、2025年より先に買い物をしなくなると思うようになりました。



今から11年前のことになりますが、「嫌消費世代の研究」という本が出版されました。

この本の帯には、「クルマ買うなんてバカじゃないの?」という強烈なひとことが書いてありました。

要約すると、若者が物を買わなくなっているということです。

つまり、消費行動の変化について考察したものです。

分析してみると「低収入」「格差」「非正規雇用の増加」以上に深刻な独特の心理=「劣等感」が強く影響しているといいます。



「収入が十分あっても消費しない」傾向を「嫌消費」と名付け、大規模な統計調査と聞き取り調査をもとに、「嫌消費」を担う世代=20代後半の「買わない心理」の原因と深層を紐解いたものです。

現在、40歳前後の世代が嫌消費世代ということになります。



消費しないという価値観は、今から10年以上前に兆候があったということですが、「20

25年、人は買い物をしなくなる」は、テクノロジーがそうさせるということなのです。



続きは、動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!  https://lin.ee/11jNwF3be

最新記事

すべて表示

議論に勝つ最善の方法はこの世にただひとつ!(動画編)

世の中は人間と人間とのコミュニケーションで成り立っています。 商品やサービスを販売するのも、選挙で当選するのも、「相手を説得する」「相手の意見を変えさせる」などのコミュニケーション術が重要になります。 ここ数ヶ月、新型コロナウイルスの件で、政治家は非常時の対策に追われました。 これとて、国民にコロナ対策を理解してもらったり、国民の意見を変えさせたりと、交渉術やコミュニケーション術が重要です。 特に

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン