top of page

人生とは何だろうか?(動画編)

田坂広志さんの名言に「人は必ず死ぬ、人生は一度きり、人はいつ死ぬかわからない」があります。言われてみれば至極当たり前のことばかりですが、普段このようなことを意識することは稀です。そこで今日は、人生についてわかりやすく解説します。



私たちが「死」を大きく意識するのは、身近な人の死によってです。

たとえば、親が亡くなる、親戚が亡くなる、兄弟が亡くなる、友達が亡くなる、上司が亡くなるなど、特に突然の「死」は私たちの「生」を意識させます。私がこのようなことを書く気になった理由ですが、1学年年上の先輩Uさんが突然亡くなったからです。



Uさんとはかれこれ40年来の付き合いで、共通の先輩Aさんからの紹介でした。

当時、高校2年生だった私はギタリストとしてプロを目指していました。そして、Uさんはドラマーとして吹奏楽を中心に音楽活動をおこなっていました。出会ってから数ヶ月後、Uさんとは吹奏楽で一緒に演奏をしました。その後、一緒にバンドを組むのにさして時間はかかりませんでした…。ここまでは青春時代の思い出ですが、それから40年以上も付き合いが続くとは思ってもみませんでした。



Uさんは20代後半でイベント会社を立ち上げ、バンドの仕事を定期的に受注するようになりました。バンドの仕事とは、イベントでの演奏や経営者団体や業界団体のパーティでの演奏です。



バンドの仕事があると私にも声がかかり、年間10ステージ程度はやっていた記憶があります。同時、私は会社員でしたから副業としてお金を稼いでいました。結局、2021年に私が独立するまで、Uさんはコンスタントにバンドの仕事を受注していました。私は独立をきっかけに音楽活動はやめました。残念ながらそれからは滅多に会う機会もなくなりましたが、数年に1回ビジネス展示会などでバッタリ会うことがありました。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご欄ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

商談が上手くいく、上司からの質問とは?(動画編)

弊社は、クライアントの営業マンに同行して商談に同席する。 また、毎朝の社内で実施されるロープレにも同席する。同業コンサルタント曰く、そこまでやらなくても…と言う。しかし、コンサルタントが中途半端な関わりをすると成果は出ない。そこで今日は、同行営業、同行商談についてわかりやすく解説する。 ロープレは上手にできても、本番である商談ではなかなか上手くいかない営業マンは多い。練習と本番は違うし、相手がどう

댓글


bottom of page