今だからアナログ営業が強い


もう1年以上前のことになりますが、当社クライアントの工務店に頼まれて、

「SUUMO(スーモ)」で資料の一括請求を行ったことがあります。

SUUMOとは、新築を建てる人、リフォームをする人、住宅の売買をする人などが

利用するマッチングサイトのことです。



たとえば、これから新築を建てる人は、SUUMOに登録されている

ハウスメーカーや工務店の中から、気になる会社をいくつも選び、

資料を一括で請求できます。



ですから、それぞれのハウスメーカーや工務店のサイトを訪れて

資料請求をする必要がありません。

非常によくできたシステムです。



なぜ、当社がSUUMOの一括資料請求を行ったのかといえば、

当社クライアントは年間100を超える資料請求がSUUMOからありました。

ですが、そのほとんどは資料を送った後、電話をしても繋がらず、

そのまま何もアプローチができず終いだったのです。

どう考えてもおかしな話です。



年間100件以上の資料請求があるのであれば、5~6件の商談ができてもよいはずです。

ところが、商談までいきつかないのです。



当社はランダムに選んだ10社に一括で資料請求を行いました。

すぐに電話がかかってきた工務店、すぐにメールで御礼がきたハウスメーカー、

まったく資料すら送ってこない工務店など、対応はそれぞれでした。

ここまで差があるとは思っていませんでした。



ある大手ハウスメーカーは、月1回メールマガジンを送ってきます。

このハウスメーカーは、資料請求した後、すぐに電話をかけてきました。

そして「これから資料を送ります」という予告アナウンスがありました。

資料を送った後にも一度電話があり、「資料は届いてますでしょうか?」

という確認のアナウンスでした。



その後は、月1回ニュースレターや見学会のチラシなどが郵送されてきます。

このハウスメーカー以外は、資料請求後1~2ヶ月後にはフェードアウト、

つまりまったく連絡がこなくなりました…。 

ところが、このハウスメーカーだけはしっかりと私のフォローをしています。



つい先日、自宅に若い女性がやってきました。

まったく見覚えのない女性だったのですが、話を聞いてみたら、

このハウスメーカーの人でした。

用件は、イベントと見学会のチラシを持参したとのことでした。

チラシを受け取ると、ひとつ質問をされました。


「毎月、郵送でチラシなどをお送りしているのですが、

 今後もお送りしてよろしいでしょうか?」と。



昔は、資料請求した後や新築見学会に行った後、自宅に突撃訪問してくる

営業マンがいましたが、最近ではめっきりいなくなりました。

ですから、少し驚いたというのが本当のところです。



今まで、このハウスメーカーからは、電話や郵送物による十数回の

アプローチがありましたが、すっかりこのハウスメーカーのことを記憶しました。

ですから、会社名を言われればわかります。



現在、オンライン媒体がメインになっているハウスメーカーや工務店が多い中で、