仕事のできる人5つの特徴!

仕事のできる人は、スピード感を持ってみるみるうちにアウトプットをしてしまいます。 アウトプットとは、成果物だったり、意思決定だったりと、様々なものがあります。


そこで今日は、仕事のできる人の仕事術についてわかりやすく解説します。



みなさんは、仕事のできる人とう言葉を聞いて、 どのような人を思い浮かべるでしょうか?  私は、案件に対して、適任の人材をセレクトして、素早く指示を出し、仕事を振り、 プロジェクトをスタートさせるようなイメージがあります。

もちろん、進捗と仕事の質を維持するマネジメントもしっかりやります。



このような人が実際に存在するのかはわかりません。

もしかしたら、テレビドラマや映画だけの世界なのかもしれません…。

とにかく、仕事のできる人と一緒にいると、仕事が大変スムーズにいく印象があります。

今までは、何ヶ月かかってもできなかったものが、

ものの5分でできるなってこともあります。



一体この差は、何なのでしょうか?



事実、仕事のできない人は、

「時間がなくてできなかった…」

「忙しかった…」

「ほかにいい方法がないかと考えていた…」

「準備が整っていない…」など、

できない理由を並べ立てます。



ここで一番の問題なのは、数ヶ月間もまったく変わらない状態が続くことです。

つまり、時間だけが経過するだけでまったく進捗していないのです…。

とにかく、時間の無駄です。



仕事のできる人を常識的に分析すると、以下のように分類できます。

=============

●返事が早い

●説明がうまい

●納期を守る

●指示が明確

●決定が覆らない 

=============



たとえば、返事=意思決定と捉えれば、返事が遅くなると部下が催促をします。

「あの件はどうなっていますか?」と。

これは、返事が遅いために、部下の時間を奪っていることになります。

仕事が先に進まないばかりか、上司に催促をしなければいけません。

その間、ストレスもたまります。悪いことばかり、いいことはありません。



説明が下手と、話が的確に伝わりません。

そうなると、多くの質問が出たり、何回も説明する必要があります。

ましてや部下が、自分なりの解釈のまま仕事をスタートさせると、

後々、やり直しもあります。

つまり、これも部下の時間を奪うということになります。



納期をまもらない場合は、これも「いつになったら、できますか?」と催促されます。

その間、部下は仕事が滞る場合もあるわけです。

よくあるケースです。

たとえば、広報誌を作成するとします。

関係者に原稿の依頼をしますが、当然、締め切りがあります。

ですが、締め切り通りに原稿を提出しない人が必ずいます。

これが問題なのです! 

締め切りに合わせて、編集作業のスタッフを待機させた場合、

原稿がなければ作業は進みません。

つまり、時間とお金をドブに捨てているのと同じです。



また、決定が覆ると今まで進めていた仕事がゼロから再スタートの場合もあります。

これも、大変な損失になってしまいます。



このように、仕事ができない人は、

時間がかかる、お金がかかる、仕事に関わる人のストレスを増大させるなど、

ネガティブなことが起こります。

つまり、多くの無駄が発生するということです。



このようなことは、どこの企業でも日常茶飯事のように発生するのでしょうが、

仕事の質を上げるためにはチェック