top of page

仕事の属人化3つのリスク(動画編)

今、行動成長期やバブル期を経験した企業で問題になっているのが「属人的な営業」です。

属人的とは、ある特定の業務についての進め方や進捗状況などの情報を、担当者しか把握していない状況のことです。もちろんこれは、営業以外にも当てはまります。そこで今日は、属人化についてわかりやすく解説します。



属人化の何が弊害になるのかといえば、担当者が仕事を休んだときや、離職してしまったときに問題が表面化します。担当者しかわからないので、ほかの人では対応できなくなります。その結果、顧客に迷惑をかけたり、会社に迷惑かけることになります。



では、なぜ属人化が起こるのでしょうか?



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

商談が上手くいく、上司からの質問とは?(動画編)

弊社は、クライアントの営業マンに同行して商談に同席する。 また、毎朝の社内で実施されるロープレにも同席する。同業コンサルタント曰く、そこまでやらなくても…と言う。しかし、コンサルタントが中途半端な関わりをすると成果は出ない。そこで今日は、同行営業、同行商談についてわかりやすく解説する。 ロープレは上手にできても、本番である商談ではなかなか上手くいかない営業マンは多い。練習と本番は違うし、相手がどう

Yorumlar


bottom of page