仕事の深掘りをしても、イノベーションは起きない!(動画編)

更新日:2020年4月25日

世の中の常識は絶えず変化しています。 絶えずというのは語弊があるのかもしれませんが、特に今の時代は昨日の常識は今日の非常識というくらいの考えで生きた方がいいでしょう。 私が子どもだった高度成長期は、とにかくモノを作れば売れた時代です。 ですから、小売業の常識は商品の在庫を多く持った方が経営は上手くいくといわれていました。 ところが、1990年代に入ると、高度成長期のようにモノはポンポンと売れなくなってきました。 そこで常識も大きく変化し、在庫は売れる分だけ持てというのが叫ばれるようになりました。 要は、無駄な在庫は持つなということです。 高度成長期に比べると、細やかな在庫管理とリアルタイムの発注が求められた時代です。 そして今では、3Dプリンターの普及やオンデマンド技術の普及により、1個からオーダーでモノが作れる時代になりました。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。  https://www.linkagemic.com/mailmagazine ●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。  https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

3回の閲覧

最新記事

すべて表示