仕事をブラッシュアップする6つの方法とは?(動画編)

最終更新: 4月21日

仕事を行う上で、仕事の質を上げたり、精度を上げるためのプロセスがあります。 代表的なものに「PDCA」があります。日本ではあまりにPDCAが有名なので、それしか知らない人が多いと思います。

そこで今日は、仕事をブラッシュアップさせるプロセスをわかりやすく解説します。

まず紹介するのは、「PDCA」です。

これは、「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」の頭文字をとったものです。 この4つのプロセスを繰り返すことによって螺旋階段状に仕事のブラッシュアップをすることが可能です。 元々PDCAは、生産技術における品質管理のプロセス、つまり製造業で使うものなのですが、日本では様々な業態や業種で使われています。


2番目は、「CDPA」です。PDCAのスタートをPからCに変えたものでで、CAPDの順番で仕事を回したほうが効率的という考え方から生まれました。

大きな特徴は、現状を検証する「C(評価)」から始めることです。 つまり、現状の問題点や課題を探すことがスタートします。

3番目は、「PDR」です。 PDRとは、「Prep(準備)」「Do(行動)「Review(見直しと学習)」の頭文字をとったものです。 Prepは「準備」という意味で、「行動の目的」と「そのためにはすべき事」を考えて準備をします。 そして実行し、最後に見直しと学習を行います。 4番目は・・・ 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の