会社を崩壊させる恐怖のマニュアルとは?(動画編)

組織は一旦ネガティブな方向に動き始めると、崩壊するのはあっという間です。

組織が崩壊するのは、外圧ではなく内部に原因があることがほとんどです。

そこで今日は、会社を崩壊させる原因についてわかりやすく解説します。 



先日、恐ろしい本の存在を知りました。

その本のタイトルは「サボタージュ・マニュアル」です。

サブタイトルは「諜報活動が照らす組織経営の本質」ですから、

てっきり学術書かと思いましたが・・・


実は、アメリカCIAの前身に当たる、第二次世界大戦中に活躍した諜報機関

OSS(Office of Strategic Services)が作成した諜報員(ちょうほういん)向け

マニュアルです。

つまり、スパイ向けのマニュアルということです。



肝心の内容ですが、組織を破壊するための妨害工作について書かれた機密文書です。

わかりやすく言うと、敵の組織に潜入して、その組織を崩壊させるための方策が

書かれている恐ろしいマニュアルです。

こんなものが公開されて、書籍化されていること自体がなぞですが、

第二次世界大戦中のことですから時効ということなんでしょうか? 



そして、おもしろいのが、この本で紹介されている妨害工作の一部が、

日本の企業でよく行われていることなんです。

特に「業績が悪い」「社風が悪い」「離職率が高い」などの企業には

当てはまります。

たとえば…



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示